読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JLS.co

Japan Life Specter

植物大好きについて

f:id:JLSco:20160513024140j:plain

 今週のお題「植物大好き」について書きたいと思います。植物は好きという意識はないが、よくよく考えたら好きなのではという見解に至りました。植物は社会において切ってもきれないものです。

 まず光合成により二酸化炭素を酸素にしてくれます。部屋等に置くことにより、二酸化炭素を酸素に循環し、酸素濃度の高い良い空気にしてくれる役割をします。二酸化炭素を酸素にする点で言えば、人間は植物を嫌いという人はいないのではと思います。

 産業について考えてみました。緑地化という言葉を聞いた時があります。ある一定の敷地内に緑地の部分を設けるという法律?条例?だったかな。詳しくはわかりませんが、お上のルールで決められています。つまり植物を育てる事が産業としてあるので、お上サイドの人は「好き」で、緑地化をさせられる人は「嫌い」な人が多いかなと思います。ここでは意見が分かれますな。

 生活については植物性の食べ物をよく食べます。食事する時に植物性油、調味料、植物を人並みに食べるので、植物は「好き」です。食べ物については大多数に当たると思われます。バターを使いたいけど、安くマーガリン。牛乳より、豆乳と言った感じです。

 結果として、植物を好きという意識はしていないけど、人間の生活に深く関わっています。のでよくよく考えたら好きなのではないかなと思います。けど今回のお題で改めて植物のことを考えるってことは好きではないのかもな。好きって言葉が深すぎる。

by Life Specter