読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JLS.co

Japan Life Specter

高卒と大卒の格差〜管理職は保身にまわる〜

f:id:JLSco:20160420221606j:plain

 高卒と大卒の格差は、どこの会社でもあると思います。大卒の人と同じ仕事量をこなす高卒の人がいても、高卒と大卒のどちらを昇進させるか?となると、大卒の人を昇進させるのが社会の風習です。仕事ができても、高卒の人が管理職になるのは、相当低い割合だと思います。

 会社の一つの行事として人事異動があります。その際に管理職は保身にまわります。他の部署の管理職が社員を欲しがっている時に、人が多い部署から異動させることがあります。人が多い部署の管理職は人が多い部署内で、必要ないと思われる人を何かしらの理由をつけて放出します。必要ないと思われる人は、戦力外通告を受けたことになります。戦力外通告を受けた人が他の部署で開花することもありますが、大抵の人は開花しません。戦力外通告を受けているからです。管理職は良い人材を自分のそばに置き、保身にまわります。

 人事異動の際に高卒の人が他の部署に配属され、まわりが大卒だらけだったら、高卒の人は辛いと思います。給料は一緒で大卒と同じ仕事量をこなさなければいけません。出世は高卒の人の方が遅いことは変わりません。

 ここで思うことは管理職は自分のことしか考えていないことです。適材適所に人員を送り、会社の運営を行う立場の管理職が、自分の保身のために他の部署にも迷惑をかける可能性がある行動を平気で行うからです。採用した人材なら、その社員のことを真剣に考えることがすべきことであって、たらい回しにして辛い思いをさせることが管理職の仕事ではありません。管理職も人間だから、好き嫌いはあると思いますが、会社の利益を考えた選択を行って欲しいです。

 「他人の喜びの中に、自分の喜びを見出すことができること。そこに幸福の秘密がある。byジョルジュ・ベルナノス」

 自分の保身ではなく、他人のことを親身に考えベストな行動をとることが大切だと思います。まずは自分が一番頑張るが基本。

 by Life Specter