読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JLS.co

Japan Life Specter

What's Up?若い人が時代を変える

f:id:JLSco:20160328201148j:plain

 4月は移動、新入社員が入ってくる季節です。普段通り勤めている人は、年度が変わるので新規一転目標を立てる、初心を思い出すいい季節です。私も初心を忘れず頑張ろうと思います。 「What's Up?」は調子どう?最近どう?というスラングです。若い人は最近どう?

 2年目、3年目の人達は会社の仕事が判ってきて、さらに飛躍しよう、または凹んだり、友人同士で愚痴を言い合ったりしたりしていると思います。

 先日後輩の大卒社員が話しかけてきて、話しの内容が先輩の愚痴でした。仕事の仕方が先輩と後輩で違うので、そこでギャップが生まれているのだと思いました。仕事の仕方は、効率のいい方を採用すればいいと思います。愚痴を言うことは好みの問題もあるし、愚痴が出るのは真剣に取り組んでいる証拠なので、後輩も成長しているなと思いました。

 他の大卒の後輩は、言われた仕事はきっちりこなしますが、それ以上でもそれ以下でもありません。大卒社員は積極性、リーダーシップが求められます。言われたことをするのは当たり前で、プラスα利益、利便性、将来性等も考慮し、仕事をしていかなければなりません。

 大卒の大抵の人は「積極性があります。リーダーシップがあります。粘り強いです。」等の話しを面接でして合格してきます。思うことは会社に入って、言ったことをやっているのは2割の人だけです。(パレートの法則:8対2の法則)

 若い人たちが将来の会社を変えていかなければならなのに、あぐらをかいている人は何を思って仕事に取り組んでいるのか?バイト気分ですか?大学の研究室の延長とでも思っているのかな?

 若い人が、年上の猛者に舐められるのも納得がいくなと思います。年上の猛者が作った今までより、さらなる利益を出す新しい時代を若い人たちで作りましょう。そして良い環境が連鎖するようにしていきましょう。ONE PIECEのドフラミンゴが好きです。ONE PIECE 32巻に出てくるドフラミンゴの名言があります。

f:id:JLSco:20160328211607j:plain

 私たちは常に新時代を作る若者でなければいけません。ルフィーに負けはしましたが、執念の感じる立派な負け方でした。ドフラミンゴのように強くなり、時代を変えれるような若者になっていこうと思います。

 

By Life Specter