読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JLS.co

Japan Life Specter

高卒と大卒の格差〜管理職は真剣には考えろ〜

f:id:JLSco:20160317203441j:plain

 高卒と大卒(修士、博士)は扱いが違う。会社では高卒採用、大卒採用と言うわけ方をする。高卒の大抵の人は生涯で係長級の位置まで出世し、大卒の人は管理職まで出世する。入社した際も、高卒は月160,000円、大卒は月200,000円である。

 高卒が3年目21歳月170,000円、給料だけ見れば大卒より下だろう。その時大卒の人が入ってきた。高卒の3年目より働けない。最初の数ヶ月は新入社員ということで、百歩譲って社会人、会社の免疫を構築できていないので許すとする。半月が過ぎても、覚えが悪く使えない。大卒の社員は、大学での成績は優秀だったらしいが、遊んできた経験が少ないと思われるヒョロっとした子。大卒の彼は、1年その調子で過ごした。

 高卒4年目、大卒2年目。高卒の彼は、経験から仕事をこなす。大卒2年目は仕事を任されるが、何をしたらいいのかわからず、当日になって色んな人に迷惑をかける。大卒の彼へ仕事が減り、高卒の子の仕事が増える。給料は大卒の方が高い現状は変わらない。大卒の彼に任せた少しの仕事も、きっちりすることができないので、高卒の彼が手伝うはめになる。

 高卒の彼はどう思うか?「正当な評価をしろ」と思うはずです。明らかに高卒の子の方が、仕事量が多いのに給料は低い。高卒の子の士気は下がっていきました。そして辞表を提出し、退職することが決まりました。

 管理職に真剣に取り組んでほしいことは、使えない奴を取るなということです。彼だけではなく、その課にいるみんなの士気が下がり、仕事に取り組む姿勢が変わってきます。管理職は利益を生み出さなければなりません。はっきり言って何がプラスで、マイナスかを理解しているのか、不思議でなりません。

 「ミスを責めたらあかん。けど手抜きはとことんつめなあかん。by香川晋平」

 社員の手本になる管理職は、自分の行動を見直してほしいです。

 

by Life Specter